校長の三原和弘でございます。埼玉県立上尾かしの木特別支援学校のホームページを御覧くださり、ありがとうございます。

   本校は、小学部・中学部・高等部を置く知的障害特別支援学校で、平成21年度に開校し、今年16年目を迎えます。 「わかる」こと「できる」ことを広げ、独り立ちする力をはぐくみ、地域や保護者から信頼される学校をめざして、教育活動に取り組んでいます。

今年度は、小学部175名、中学部96名、高等部119名の合計390名の児童生徒でスタートです。上尾市の一部、さいたま市の一部、伊奈町を通学区域とし、児童生徒の教育的ニーズに応じた教育を推進し、一人一人が持つ能力を最大限に伸ばす教育を推進してまいります。

 また、子どもたちが地域で豊かに生きる力の育成と地域の共生への理解啓発のため、社会と接続した豊かな学びの場は大変重要であると考えています。県教育委員会から「コミュニティ・スクール」の指定を受け、「地域とともにある学校づくり」を重点目標に位置付けて取り組んでおります。地域との協働活動に取り組み充実した学びの機会として、持続的な取組へと発展させていきたいと思います。

 さらに、インクルーシブ教育及び高校における特別支援教育の推進と児童生徒の増加に対応するため、令和6年4月5日に大宮商業高校内に本校の大宮商業分校が開校しました。 16名の生徒が大宮商業分校の歴史の一歩を刻み始めます。

  本校並びに大宮商業分校の教育活動の充実・発展に向け、皆様のご支援ご協力をお願いいたします

大宮商業高校内分校HP https://kasinokitokubetusienbunkou-sh.spec.ed.jp

 R6年4月8日