どんぐり日記

どんぐり日記

令和4年度 PTA総会

 5月17日(火)、PTA総会が実施されました。今年度は、本校を会場とする対面式と、各ご家庭でのオンライン式を併せての実施となりましたが、総会は終始スムーズに進行し、すべての審議が承認となりました。参加いただいた皆様のご協力、大変ありがとうございました。

 本日をもって、新旧役員の交代となります。旧役員の皆様、本当にお疲れ様でした。そして、新役員の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。新旧会長様の挨拶にもありました通り、子どもたちのためにあるPTA活動を、今後も大切にしていきたいと思います。

 

0

高等部「芸術班作品」「作業学習製品」展示会 in はあとねっと輪っふる

高等部では、さいたま市中央区の埼玉トヨペット様にご協力いただき、本社1階ショールームに拠点のある「はあとねっと輪っふる」にて展示会を行います。

 

日時:令和4年5月12日(木)~25日(水)

   10時~19時  ※16日・23日は定休日

場所:埼玉トヨペット本社 はあとねっと輪っふる ギャラリー

   さいたま市中央区上落合2-2-1

    ※埼京線北与野駅前です

 

チラシはこちら→高等部芸術班作品・作業学習製品展示会.pdf

 

余暇芸術班の作品や、作業学習の製品を展示します。

ぜひご覧ください。

 

0

PTAガーデニングボランティアの皆様との活動②(中学部農園芸班)

昨日耕した花壇に、中学部農園芸班の生徒とPTAの皆様とで花の苗を植えました。

はじめに、みんなであいさつをしてから、

保護者と生徒がペアになり、協力して作業を行います。

1年生は本日が作業学習初日とのことでしたが、とても張り切って取り組んでいました。

今日植えたサルビアとマリーゴールドが咲きそろうのが今から楽しみです。門を入ったところの花壇です。ご来校の際にぜひご覧ください。

 

本日ご参加の12名の皆様、ありがとうございました。

0

PTAガーデニングボランティアの皆様との活動(高等部農園芸班)

昨夜降った雨もあがり、晴天の下、高等部農園芸班の生徒とPTAガーデニングボランティアの6名の皆様との活動を行いました。

本日は花を植えるための準備として、硬くなった花壇の土を掘り起こしたり、生徒たちが運んだ腐葉土を鍬やシャベルで混ぜ込んだりしました。

ご参加いただいた保護者の皆様、本日はありがとうございました。

おかげさまで大変きれいになりました。

生徒たちが力強く作業に向かう姿も見ていただけたのではないでしょうか。

 

0

第1回 PTA除草作業

5月9日(月)、70名の保護者の皆様にご協力いただき、第1回PTA除草作業が行われました。午前中に作業を行い、小学部前の通路、グラウンド周り、生徒玄関前の植木、駐車場等が、とてもきれいになりました。運動会の練習が本格的に行われている中で、子どもたちも気持ちよく学習できると思います。ご協力、本当にありがとうございました。

 

 

0

小学部4学年 防災教育

4月28日、第4学年で、防災教育を行いました。

最初は、クイズ形式で、楽しく防災について学んでいきます。

「正しい ダンゴ虫のポーズは どちらでしょうか?」

「正しい 防災頭巾のかぶり方は どちらでしょうか?」

子供たちは、前日に実施した避難訓練をよく覚えていて、自分の知っていることを嬉しそうに表現していました。

 

次に、小グループに分かれて、非常口を探しに学校探検に出かけます。子供たちは学校にある非常口が見つかると、嬉しそうに指をさしたり、友達に伝えたりしていました。たくさん探検して、たくさん非常口が見つかり、立派な避難マップを作ることができました。

どこで被災するか分からない中、避難行動を確認したり、非常口の場所を学んだりと、大変意義深い防災教育となりました。

 

0

小学部2学年・5学年 歯みがき教室

 4月28日(木)、埼玉県歯科衛生士会 大宮支部から10名の歯科衛生士の皆様に来校していただき、小学部2学年と5学年を対象に、歯みがき教室が行われました。当日はたくさんの保護者の方にも参加していただきました。

 初めにどんぐりホールに集まり、楽しいパネルシアターを見ながら歯磨きの大切さを等を学びました。次に各クラスに移動し、歯科衛生士さんから、一人一人の子供たちが、口の動かし方や手の動かし方など、正しい歯磨きについて教えて頂きました。歯科衛生士さんによる歯みがき指導を受け、子供たちは、歯の大切さや歯みがきの必要性、正しいブラッシング方法を学び、保護者と担任は、仕上げみがきや介助方法、機能訓練方法について学ぶことができました。

 

 

0

第1回 避難訓練

 4月27日(水)、埼玉県を震源とする、M8の大地震を想定した避難訓練を行いました。今年度初めての避難訓練ということもあり、訓練用の緊急地震速報や大きなサイレンの音が流れると、怖くなってしまったり、驚いたりしている子供たちもいました。そのような中でも、子供たちはしっかりと大人の話を聞いて、机の下に隠れたり、床にしゃがんで「だんご虫」のポーズを取ったりするなどして、身の安全を確保する行動ができました。

 揺れが収まると、火災が発生します。避難経路が限られる中ですが、ヘルメットや防災頭巾をかぶって、落ち着いて避難口まで避難することができました。

 

 

  

 地震が発生した場合は、避難の素早さよりも、自らの身と建物内外の安全を十分に確保すること、そして落ち着いて避難行動をとることが重要です。そして、そのような行動ができるようになるためには、実際の場面を想定した訓練を繰り返し体験することが大切です。

 今回の避難訓練を通して、新入生を含めて「かしの木」の児童生徒と教職員は、大地震発生時の実践的な対応力を高めることができました。今後も実際の災害を想定した避難訓練を繰り返し実施し、児童生徒が落ち着いて避難行動がとれるように取り組んでまいります。

0

小学部1学年 生活単元学習「がっこうたんけん」

 4月も終わりが近づき、小学部1年生も少しずつ学校に慣れてきました。

 今日は学校探検。校長室、保健室、音楽室、多目的室、体育館、どんぐりホール、プレイルームを見に行きました。

 

 測定などで入ったことのある保健室も、あらためて行ってみるとどきどき…

 養護教諭の先生に本校マスコット「かっしー」のイラストカードをもらいました。

 

0

第14回 入学式

 4月8日(金)、第14回入学式を挙行しました。昨年度と同様に、感染症拡大防止の観点から「小学部・中学部」と「高等部」の2部に分けての実施となりました。 

 一人ひとりの呼名に「はい!」という元気いっぱいの声で応えた新入生のみなさんは、とても頼もしく見えました。そんな新入生に向けた式辞では、金子 功 校長から、「たくさんの先生や友だちとかかわりながら、かしの木のように、大きく、たくましく成長して欲しいと願っています。」とのメッセージが伝えられました。

 小学部36名、中学部35名、高等部49名の新入生を迎え、いよいよ令和4年度「上尾かしの木」のスタートです。

0

リサイクル品の回収について(お願い)

 高等部作業学習リサイクル班では、アルミ缶の缶つぶしと牛乳パックを回収して椅子や小物入れづくりを行っております。つきましては、ご家庭にあるアルミ缶と1ℓの牛乳パックがございましたらお持ちいただき、高等部作業班の授業で活用したいと思います。

下記の回収の詳細をご確認いただき、ご理解・ご協力のほど、宜しくお願いします。

1 回収物

(1)      350mℓもしくは500mℓのアルミ缶

(2)      1ℓの牛乳パックもしくは1ℓのジュースパック

 

2 回収方法

  ・学校に来校される際に、かしの木会館の回収箱に入れて下さい。

 

3 その他

(1)アルミ缶の回収

・アルミ缶は洗ってから、つぶさずに持たせてください。

 

 

(2)牛乳パック

・牛乳パックは十分に洗ってから、飲み口は写真の例のようにして持たせてください。

 

 

 埼玉県上尾かしの木特別支援学校

担当:村田祐介  小森正博

TEL:048-776-4601

0

小学部4年生 「国際交流~がいこくからきたせんせいにあってみよう~」

 小学部4年生、生活単元学習で「国際交流」の授業を行いました。講師は国際交流員(CIR)のブラジル出身ワヂソン・メロ先生、アルゼンチン出身のエリカ・ヴァン先生です。

 子どもたちは事前授業で、両国のあいさつの言葉「オラ!」を練習したり、お二人のコメントを事前に映像で見たりしながら、会える日を楽しみにしていました。

 2月2日(水)、実際にお二人と会って、あいさつをすることから交流はスタートしました。初めは緊張している様子の児童もいましたが、ゲームを通じてお二人と一緒に遊んでいくことで、すぐに打ち解けていきました。そのあと、ワヂソン先生よりポルトガル語の「しあわせなら手をたたこう」のダンスや、エリカ先生からは、アルゼンチンの紹介とスペイン語の歌に合わせた踊りを教えていただきました。いつもとは違う言葉の歌が流れてきて、なんとなく違いに気が付いている人がいたり、ノリノリで踊って楽しんでいる人がいたりと、さまざまな様子が見られました。

 あっという間の1時間、最後に子どもたちが作った作品をお二人にプレゼントしました。子どもたちからは、「たのしかった」「ダンスがおもしろかった」「せんせいだいすき」など、たくさんの感想が出てきました。普段とは違う授業の雰囲気で、外国からの先生方と交流しながら様々な内容に触れることができ、子どもたちにとって、とても刺激的な時間となったようでした。

 

 

0

第3回 ショート避難訓練

 2月15日(火)、第3回ショート避難訓練を行いました。今回の訓練も、児童生徒や教員には訓練の時刻を予告せず、より実際の災害を想定した方法で実施しました。

 午前10:15頃、訓練用の緊急地震速報が流れると、普通教室や特別教室で授業中の児童生徒は、すぐに机の下に入ることができました。また、廊下や玄関ホールを移動している児童生徒は、落ち着いて「だんご虫」のポーズ等の安全な姿勢をとることができました。

 避難訓練としては今年度5回目(ショート避難訓練としては3回目)の実施となり、児童生徒たちは今までの訓練で繰り返し行ってきた経験を生かして、身の安全を確保する行動を行うことができました。

 

0

小学部2年 社会体験学習

 1月18日(火)19日(水)に小学部2年生は、2グループに分かれて、ラウンドワン上尾店に行き、ボウリング体験を行いました。感染症予防のため短時間の体験でしたが、どの児童もきまりを守ってボウリングを楽しむことができました。帰りには、昨年度の生活単元学習で行った自動販売機での買い物学習を思い出しながら、1人1本ずつ飲み物を買って、学校でおいしく飲みました。小学部での初めての社会体験学習、校外での施設利用の経験を積み、楽しい思い出をつくることができました。

0

中3 社会体験

 1月12日(水)、中3社会体験学習として川口SKIPシティに行きました。新型コロナウイルスの影響が心配されましたが、感染症対策をしながら無事に実施することができました。映像作りに関する様々な機械の見学や、実際に映像機器を使っての合成映像作り等、たくさんの初めての体験に大興奮の生徒たちでした。

 中学部最後の校外学習でしたが、これまでの学習の積み重ねを活かしながら、楽しく実りある社会体験学習にすることができました。

 

0

上尾市特別支援学級・学校児童生徒合同作品展について

 1月24日(月)~27日(金)本校職員玄関に「上尾市特別支援学級・学校児童生徒合同作品展」に出展予定作品を展示しました。

 展示作品は、高等部3年生「漢字アート」、中学部3年生の「タイルのペン立て」、小学部6年生の「スチレンボード版画」、小学部3年生の「フォトフレーム」です。

 どれも素敵な作品で、玄関がぱっと明るくなりました。

               教科班 図工・美術担当 塚田・田口

0

小5 社会体験学習

 1月20日(木)、小学部5年生は鉄道博物館へ社会体験学習に行ってきました。冬空の晴天のなか、元気一杯!楽しく見学してきました!

 楽しみにしていたジオラマを見たり、実物の新幹線やSLに乗ったり、様々なアトラクションに触れたりすることができました。感染症予防のため、午前中のみの実施できたが、学校でおいしいお弁当を食べることもでき、ひとりひとり楽しい5年生の思い出を作りました。小学部高学年、初めての社会体験学習。校外でたくさんの経験を積み重ねることができました。

0

高2 校外宿泊学習

 2度にわたる延期を経て、1月13~14日感染症対策に万全を期して群馬方面に宿泊学習へ行くことができました。

 1日目はこんにゃくパーク(富岡市)で様々なこんにゃくの加工食品について学習しました。実際に工場内を見学した後、様々なこんにゃく料理を試食しました。昼食はおぎのや(安中市)の「峠の釜めし」を食べました。陶器釜を食べた記念に持ち帰る生徒もいました。群馬県立自然史博物館(富岡市)では、恐竜の化石の模型や群馬県内で見つかった発掘現場の再現などを興味津々に見学していました。

 2日目はいちご狩り(渋川市)を体験しました。最初は2,3個と言っていた生徒も、たわわに実ったいちごを目にして、思わずたくさんほおばっていました。上州物産館ではゆっくりとおみやげを選び、買い物学習をすることができました。最後に日本三大うどんの1つとも言われる水澤うどんをおいしくいただき、生徒全員が充実した体験とともに無事に帰ってくることができました。

 2日間の日程もあっという間に過ぎ、隣県の群馬について楽しく学びながら、学年のきずなも深めることができた宿泊学習でした。

 

0

上尾市特別支援学級・特別支援学校 児童生徒合同作品展

 今年度は、会場の関係で、合同作品展出品予定作品を本校職員玄関に展示することになりました。

 日時 令和4年1月24日(月)~28日(金)

 対象 本校高等部3年生、中学部3年生、小学部3年生・6年生の作品

 

 個別面談等で、ご来校の際は、ぜひご覧ください。

0

リモートでアメリカとつながる学年集会(高等部2学年)

 2021年最後の課業日となる12月24日(金)、国際交流で昨年度からお世話になった県教育局の前国際交流員(CIR)、クリス・クレイゴさんと高等部2年生がリモート交流を行いました。クリスさんは今年8月にアメリカに帰国し、現在はオハイオ州立大学大学院で学んでいます。

 

 学年集会の時間に合わせてZoomでクリスさんとつなぎ、母国アメリカでの学生生活やクリスマスの様子などを伝えていただきました。生徒たちも、"Long time no see."(久しぶりですね)など英語を交えて応じ、約半年ぶりとなるクリスさんとの会話を楽しみました。

 1万kmの距離と14時間の時差を超えた、リモート時代ならではの充実した交流となりました。

0