どんぐり日記

全校研修「特別支援教育にかかわる支援者としての心構えと対応」

夏季休業に入り、学校ではさまざまな教職員研修を行っています。

7月27日は臨床心理士・公認心理師の遠藤典子先生をお招きして、地域連携部主催「特別支援教育にかかわる支援者としての心構えと対応」を実施しました。

埼玉県のスクールカウンセラーをはじめ、様々な機関で子どもたちの支援にあたってきた遠藤先生のお話は、経験の長さにかかわらず、学ぶことの多い内容でした。

また、3回のグループワークを通して、地域の小・中学校の先生方とも話し合うことができ、新たな「顔の見える関係」を作ることもできました。

 

・自立(自律)とは

・子どもとの対等な関係

・伴走者になる

みなさんはどのようにお考えでしょうか。

 

 

遠藤先生、ご多用の中ご講義いただきましてありがとうございました。

また、ご参加いただいた小・中学校の先生方、ありがとうございました。

どうぞこれをご縁に、本校にお気軽にお声をかけていただけるとうれしいです。