どんぐり日記

職員全体研修「外部専門家の話を聞こう(作業療法士)」

 6月30日(木)、社会人特別非常勤講師として本校の児童・生徒の指導助言等をしていただいている作業療法士の岡田岳先生に「運動・感覚の発達を基礎にした支援・指導の方法」をテーマに、ご講義をいただきました。

 実際の相談事例を基に、「身体の発達の方向性」「体幹の重要性」「感覚統合」といった発達に関する専門的な内容や、「机や椅子の高さ」「運動・動作への支援の要点」といった具体的な活動や見立てのポイント等をご教授いただき、日々の指導・支援に生きる大変有意義な研修会となりました。今後は、本研修会で学んだ「発達の方向性」を押さえたうえで、日々の教育活動を実践していきたいと思います。