どんぐり日記

中学部1年生 遠足

6月16日(木)中学部1年生は遠足で「榎本牧場」に行きました。
乳絞りでは、牛の体温を感じて「あったか~い」と言っていたり、なかなかうまく絞れない人も慣れてくるとお乳を出すことができ、とても興味深そうに見ていました。
給餌では、大きな牛の迫力に少し怖そうでしたが、牛が驚かないように静かにして牧草をあげることができたり、牧草をあげようとすると、牧草と一緒に「ペロッ」となめられてしまい驚いていました。
お弁当の時間は、バーベキュー場で食べて中学部に入学してから初めての校外学習で、大きな牧場の雰囲気を感じながらお弁当を食べました。
生徒のみんながお楽しみにしていた、アイスはたくさんの種類の中から好きな味を選んで食べました。牛がいて、赤ちゃんを産んだお母さん牛から牛乳が出て、アイスになる一連の流れを体験することができました。
生徒からは「学校や家では体験することのできない経験をすることができて良かった」という感想を聞くことができました。また、牧場で働く人の姿を見て、普段飲んでいる牛乳のルーツを知ることができる体験ができました。