どんぐり日記

2021年12月の記事一覧

リモートでアメリカとつながる学年集会(高等部2学年)

 2021年最後の課業日となる12月24日(金)、国際交流で昨年度からお世話になった県教育局の前国際交流員(CIR)、クリス・クレイゴさんと高等部2年生がリモート交流を行いました。クリスさんは今年8月にアメリカに帰国し、現在はオハイオ州立大学大学院で学んでいます。

 

 学年集会の時間に合わせてZoomでクリスさんとつなぎ、母国アメリカでの学生生活やクリスマスの様子などを伝えていただきました。生徒たちも、"Long time no see."(久しぶりですね)など英語を交えて応じ、約半年ぶりとなるクリスさんとの会話を楽しみました。

 1万kmの距離と14時間の時差を超えた、リモート時代ならではの充実した交流となりました。

0

高等部1学年「国際交流」

 12月21日(火)、高等部1年生の生活単元学習の授業で「国際交流」を行いました。講師には、埼玉県教育局の国際交流員(CIR)でブラジル出身のワヂソン・メロさんをお招きしました。交流のテーマは、「Let's enjoy the world!~次のステップへGo!Go!!Go!!!」です。

 ゲームでは、 ブラジルの公用語ポルトガル語でのじゃんけんのかけ声「ぺでら、ぱぺる、てそうら」で「じゃんけん列車」を楽しみました。

     
 ワヂソン・メロさんからは、ブラジルの地理、歴史、文化などについてお話いただきました。日本の22倍という広大な国土に多様な人々が共生する様子や、ポルトガル語がブラジルの公用語となった理由、日本との関係などについて教えていただき、生徒たちは興味津々に聴いていました。また、ポルトガル語での自己紹介を覚え、ワヂソンさんや友だちとやり取りすることができました。

   ・Ola!(オラ)→ こんにちは!

   ・Meu nome e~(メウ ノーミエ)→ 私の名前は~です

    

  ワヂソンさんをお迎えするにあたり、ブラジルについて調べ学習をしたりポルトガル語での「学習のしおり」を作成したりと、事前学習にも熱心に取り組んだ生徒たち。そして当日は、1人ひとりが得意なことを生かして発表したり、苦手なことにも果敢にチャレンジしました。テーマに掲げたように、個人としても学年全体としても「次のステップ」への成長につながる貴重な機会となりました。

0

高等部持久走大会

 12月16日(木)に、高等部持久走大会が開催されました。今年度も新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、密を避けるために2部構成での競技を実施しました。自身の立てた目標に向かって真剣な表情で走る姿は輝きを放っていました。自分との闘いに勝つために生徒たちは一生懸命頑張りました。また、後日行われた校内放送による表彰式では互いの健闘を称え合う拍手が各教室で響き渡っていました。2部構成ではありましたが、非常に盛り上がる大会となりました。応援いただき、ありがとうございました。

 

 

0

中学部1学年 クリスマス演奏会

 12月22日(水)、オペラ歌手の朝倉佑太様とピアノ演奏者の石河内愛様をお招きして、本校の長岡伊万里教諭も出演し、中学部1学年クリスマス演奏会を行いました。

 演奏会では、オペラ「椿姫」や、オペラリア「女心の歌」を鑑賞しました。子どもたちは、本格的なオペラを肌で感じることができました。そして、クリスマスソングメドレーでは、みんなで鈴を持って「赤鼻のトナカイ」「サンタがまちにやってくる」「ジングルベル」等を歌いました。素晴らしいオペラを味わい、みんなでクリスマスソングを歌って、クリスマス演奏会を楽しむことができました。

 

0